2015年05月25日

第2回 ダイス巧者リーネックここにあり!〜グロッグ・アイランド(前篇32分)

さて第2回です。

今回yskが選んだのはこちらの5タイトル。

・バス
・バッド・バニーズ
・ペント・アップ
・グロッグ・アイランド
・ライクワイズ!

それではどうぞお聴きください。

【前篇】SdJノミネート発表〜バス〜バッド・バニーズ(32分)


"Bus"(Splotter Spellen/1999)
IMG_4149.JPG

"Bad Bunnies"(Schmidt Spiele/2015)
IMG_5705.JPG

・今回二人の会話に頻出する“しゃがむ”という言葉、これみなさん分かってます?『ボードゲームワールド』(小野卓也著/スモール出版)巻末の“ボードゲーマー用語辞典”に依れば“先を見据えてトップや権利をあえて取らないこと。”とあります。おそらく多くのボードゲーマーがセッション中に(意識してあるいは意識せずに)体験しているのではないかと。このラウンドの2点より次のラウンドの5点のほうが取りたいときその2点を我慢してパスしたりしたことありませんか?(S.H.)

・“バス”の他にワーカープレイスメントの始祖というか発祥として有力な説なのが"Morgenland"(Richard Breese/2000)と"Caylus"(William Attia/2005)です。(S.H.)

・"Bad Bunnies"
ジョーカーである「1」「7」はそれぞれ17枚ずつあります。カード総枚数は110枚です。(ysk)
posted by サトウハヤト at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: